イヌに与える水はどんなものがいいのか?ーペットショップの怪しげな水には注意

      2018/07/11

性格的に水をあまり飲まないイヌもいますが、尿結石をわずらったイヌなどは、多めの水分摂取が必要です。
下痢で脱水気味の場合も水分補給が大事なのですが、イヌはそういう事情を理解してくれません。このようなときにおすすめしているのは、肉をゆでたあとの「煮汁」や、かつおぶしで取った「だし汁」です。

ペットの食べ物はいろいろなものが販売されており、よく相舗を受けるのですが、「飲み物」について聞かれることもあります。
ペットショップでは、イヌ用としてペットボトルに詰められた水が売られており、なるほど、みなさんは「こういうものに興味を引かれるのか.........」と思いました。

ペットボトルに詰められた水の龍明書きを読むと、それらしい効能がうたわれていますが、現代の科学では説明できないような怪しい内容であることも多いようです。
世の中で売られているものすべてにいえますが、エセ科学によって素人をだまそうとしている商品は、とても多いのです。

イヌに合わない水を与えると意外なトラブルも
「愛するペットのためによりよいものを」と思うのは立派ですが、以前、この手の水を飲ませたことにより、肝臓を壊したイヌがいました。

最初は原因がわからず、食餌も特におかしなものを与えているわけではなさそうでしたが、くわしく話を聞いているうちに、ペットショップで買ったという水を飲ませていることがわかりました。
そしてその水を飲ませるのをやめてから、なかなか下がらなかった肝臓の値が下がっていったのです。

すべてのイヌが問題を起こすなら、さすがに発売しないと思うのですが、たまたま相性が悪いと、ときにこのような事例も発生するのです。

ふつうの水道水で問題ないのに、わざわざペット用として高価なうえリスクまである水を買う必要はありません。
それでも気になるなら、近所のディスカウントストアで人用の国産天然水を買えば良い話です

牛乳が合わないイヌには与えないこと
「牛乳」をふだんからあげているご家庭も、よく見かけます。イヌは、牛乳の成分を分解できずに下痢をすることがあるため、一般には避けたほうがいいとされています。

しかし、個体差も大いので、特に問題になっていない場合は与えてもかまいません。
とはいえ、牛乳を大量に飲むイヌは肥満になりやすいので、与える量はそこそこにしたほうがいいでしょう。

水で薄めて与えるのも有効です。
また、ペットショップに売っているやぎのミルク与えてもかまいませんが、基本的にこれらのものは「本来生きていくうえでは必須のものではない」という点を認識しておいてください。

なお下痢をしたときは、牛乳が原因かもしれないので、いったん与えるのをやめてもらいます。

胃腸ががんじょうで、特に皮膚アレルギーもわずらっていないイヌであれば、獣医はあまり細かく注文はつけません。
しかしわざわざトラブルの可能性を自分から取り入れる理由はないのですから、いちばんの安全を考えるなら水道水だと思います。

それ以外の飲み物を与えようと思っている場合は、その前にかかりつけの、獣医にひと言相談しておいたほうがいいでしょう。

 - 未分類