もし異物を食べてしまったらどうすればいいのか?

ドッグフードを食べている犬
「異物誤食」というのは、症状の程度や進行が非常にばらついて、油断ができないトラブルです。
飼い主がイヌの誤食の瞬間を見ていないことが多く、嘔吐が続いて「これはおかしい」と検査し、初めて判明する場合も多々あります。
自分の飼っているイヌが「なにかを誤食した」「なにかを誤食したかもしれない」という場合は、すぐに獣医に電話して判断を仰いでください。

トイレ用などに見られる強酸性の洗剤、カビ取り剤などに見られる強アルカリ洗剤、シンナーのような有機溶媒などは、吐かせると気道に入ってしまい、かえって被害を拡大する恐れがあります。むやみやたらに自分で判断してはいけません。

物理的な異物、つまりボールやおもちゃなどを飲み込んでしまった場合は、小さなものであれば自然に腸を流れていって、飼い主も気がつかないうちに自然に解決することもあります。
しかし、胃や腸に引っかかっていたら大変です。内視鏡か開腹手術で取りだすしかありません。症状が激烈であれば早期に精密検査をして発見できますが、断続的にポツポツと吐いている大型犬などは、しばらく薬で胃炎の治療をしたあげく、結局精密検査して異物が見つかる場合もあります。

その一方で、昨日ちょっと嘔吐があったほかはピンピンしていたイヌが、今日になってグッタリして担ぎ込まれてきたこともあります。

重度の例では、胃を突き破って肝臓に刺さったり、腸に詰まったりしてその部位が壊死することもあります。
ひも状の異物は、糸ノコのように腸の壁をこすって穴を開けることがあります。こうなってくると死亡率もぐっと高くなってきます。
そして発見と原因の特定が遅れるほどに、危険はさらに急激に増すのです。

なお、明らかに命に関わるものを大量に飲んでいて一刻を争うときは、先に家で催吐(吐かせること)してから来院してもらうこともないとはいえません。

ちなみに「催吐剤」(吐かせ薬)として用いられるのは、食塩、オキシドール、または専用の医薬品などが挙げられます。
しかしながら、食塩を使って吐かせると、吐かせたあとに食塩のせいで体調を崩すことが多く、オキシドールを使って吐かせると、たまにイヌの口内や胃腸の粘膜に炎症を起こします。
どちらもご家庭での安易な使用はおすすめしていません。かならず獣医の指示にしたがって吐かせるようにしてください。

なお、首尾よく吐かせたとしても、飲んだ成分のうち、どれだけが腸に流れていったのかもわかりません。
腸にまで流れ込んでしまったものは吐かせてもでてきませんので、そのまま入院させて点滴などの継続治療が必要です。

異物誤食を防ぐにはどうすればいいのか

対策はシンプルで、誤食しそうな異物をとにかくイヌの手が届くところに置かないことです。
異物誤食をするイヌは、繰り返すことが多く、1回だけですむイヌはまずいません。

何度となく胃を切っているイヌもいます。飼い主が「異物を食べられないように気をつけましょう」と考えているだけでは、かならずミスをします。
イヌが誤食しそうな小さなものはすべて引きだしの中か、絶対にイヌが届かない高さのところに置いてください。

また、ゴミ箱は全力でイヌに体当たりされてもふたが開かないようなものを使ってください。
このように、先回りして誤食の候補を減らしておくしかありません。
また、思いもかけない意外なものが、イヌの誤食の対象となります。

公開日:
最終更新日:2018/08/06